料金について

オフィスのロビー

私たちの生活用品の中には、中国で作られた商品が非常に多くなっています。人件費が日本よりも安い等の利点が大きい事もあって、中国との取り引きを始める会社・企業が増える傾向にもなっています。 中国との取り引きを始める場合に、中国輸入代行サービスを実施する専門業者に依頼して、商品を輸入する会社もあります。単に商品を輸入する場合の、輸送代行だけを依頼内容にする場合もあれば、現地での中国人とのやり取り、工場視察などの手配までを実施する事もあります。そのため、中国輸入代行サービスを利用した場合の平均的な料金を出すのは、非常に難しくなります。内容によるからですが、貿易会社などの場合には、目的となる取り扱い品を輸入する事だけに集中しているケースも多いので、この場合には、必要経費プラス代行サービス金額が料金として設定されている事も多く見られます。

中国輸入代行サービスを利用した場合の料金の傾向としては、取り引き内容によって、あるいは代行業者の設定によっても違いが見られます。 例えば、船便や航空便など、単純に商品輸送をして、依頼者の指定場所まで荷物を届ける場合には、通関業務他の必要経費に代行サービス料金をプラスして料金を出している事があります。他には、大きな取り引きの場合には、商品の一つ一つの代金がありますが、その商品全体の合計額の10パーセント程度を料金として設定している場合があります。 中国輸入代行サービスの内容としては、他にも、中国に赴いて、現地での取引先を見つける事から始めるケースなどを扱っている場合もあります。取り引きを一から代行して、翻訳業までを実施するケースなどもありますので、この様な場合には、多くはケースバイケースで料金が発生する事になります。