増えている

書類を手に持つ人

近年、インターネットショッピングが普及するにつれてクレジットカードの発行件数も増えてきていると言われています。実際、多くの企業がクレジットカードを発行しており、さまざまな特典やサービスを付帯して顧客獲得を狙っています。 最近のクレジットカードのトレンドとしては、手数料が安くなるものが挙げられます。3回払いまではカード会社が負担したりリボ払いの手数料が一定期間安くなるなど企業によって異なりますが手数料を安くするのが当たり前となってきているようです。 また、最近ではポイントが多く貯まるものも人気があります。大手ショッピングサイトのクレジットカードの場合はそのサイトで購入すれば多くポイントが貯まったり、他の企業でも提携している店舗ならポイントを使ったり貯めたりできるサービスで発行数が伸びています。

クレジットカードを発行する場合は、基本的に運転免許証などの身分証明書と引き落とし口座の印鑑があれば誰でも簡単に申請することができます。一般的には20歳以上の契約となっていますが、18歳以上でも発行できるカードがありますし学生対象のクレジットカードもあります。 カード会社の申し込み用紙に必要事項を記入して送付すればカード会社から後日カードが発行される仕組みです。身分証明書は後日送付したりインターネットから送ることもできます。最近では申込書が必要なく簡単に申請できるインターネット申し込みも増えています。この場合は身分証明書が要らなかったり、従来よりも早く発行できる特典もあります。 カード会社によってはカードの発行手数料が必要となる場合がありますので事前に確認するようにしましょう。